スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資のデメリットを考える


株式投資を始めるのは、投資利益を求めて始めます。

投資の場合、メリットばかりではなく、デメリットもあります。
投資資金が回収できないばかりか、
手持ちのお金まで、損をしてしまう場合も出てきます。

どんな場合でしょう。
株が買ったときよりも、大暴落すると
そのときタイミングでその株を手放したら、
買った金額を大幅に下回り、投資資金の欠損するときです。

わかりやすい株式投資ですが、
いにしえの昭和にはなかった、
デメリットも出てきてます。
それについて考えてみなければなりません。

なぜならば、インターネットが普及して、
株式投資も、ネットで行ってしまうケースが多いからです。

今までのように、証券会社を介して買うのならば、
心配無いのですが…

いまや、個人投資家の半数以上がインターネット、
パソコンはおろか、携帯電話からの参加なのです。

インターネットの、どこからでもいつでも
株式取引がスグにできるのが、くせものなのです。

いつでも株式売買が出来ると言われてますが
サーバーなどの接続の環境が悪いと、ネット売買ができません。
その為に、売り買いのタイミングを逃すのです。

あるいは、押しにくいモバイルのキーを押し間違えて、
10株を100株とかにしてしまう場合もあります。

証券関係者ですら、
数値を入れ間違った取引が話題になっています。

また、大損や大もうけをしたという話も聞きます。
インターネットで、株の売り買いが出来るのは、本当に便利です。
その便利さが、デメリットになる場合もでてきてます。

どんなに買い時や売り時であっても、
腰を据えて失敗しないようにやることが大事です。。

就職のエントリーや買いもの、
オークションなども、似たような失敗を聞きます。

紙に書いたものを見直すように、
入力した数値を、カーソルをクリックする前に確認しましょう。

どんな投資にもリスクはつきまとうものです。
買ったとき一時的大暴落ならまだしも、
その株の企業が、リーマンショックのような
事態、原油高、不祥事によって倒産した場合などは、
株の価値は、ゼロになってしまうのです。

株式投資のデメリットをできる限り減らすために、
政治経済に興味をもって、分析する必要もあるかもしれません。
多くの政治評論家もそれぞれの意見があるように
あなた自身の投資理論を構築して
投資のデメリットを回避しなければなりません。



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。