スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株取引・・・26


 ●ロシア株ADRの取引


ロシア株の取引が容易になっています。
ロシア株ADRは、ロシア株に対する投資方法の一つといえます。

ADRとは米国預託証書(American Depositary Receipt)
の略になってます。

これは、アメリカ市場で外国の企業や
アメリカ企業の外国法人子会社などが発行する
有価証券に対する所有権を示す米ドル建て預り証書です。

ですから、ADRを取得することで
アメリカ市場で株を所有するのと同じ効力を持つことができます。
アメリカ市場では、ADRは株券同様に売買可能になります。

投資家が米国以外の企業の株に簡単に投資できるように
アメリカのNYSE(ニューヨーク証券取引所)や
Nasdaq(ナスダック)に上場されて、
米ドル建てで取引されています。

ADRを買うことで、原株を買う場合の現地証券会社での
口座開設や為替の問題、決算公告が読めないといった
煩雑さを避けることができます。

また、ADRはNYSEやNasdaqで取引される
アメリカ企業の株式とほとんど同じ
情報開示基準が適用されることで
ADRを発行している企業の方が
情報量が豊富だという傾向があります。

基本的には、ADR価格は原株の株価と連動していますが、
まれにプレミアムがついて割高になってしまうこともあります。

これは、ADRの発行数が限られているときなどに起こりがちです。
日本では、ロシア株ADRは、
楽天証券やイー・トレード証券などで取り扱っています。

最近では、ロシア株をオンライン取引で
直接売買できる証券会社も何社かあります。

あえてロシア株ADRにする必要もないかもしれません。

普段から楽天証券やイー・トレード証券を
使っている場合などは管理するのに便利です。
便利な証券会社を選びましょう。





スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。