スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株取引・・・24

 ●未公開株トラブルが増加しています

「上場間近と勧誘されて購入したが、いまだに上場しない」など、
未公開株をめぐるトラブルが今年に入って再び増加していることが、
国民生活センターの調べでわかりました。

この未公開株は、高齢者の被害が多く見られます。
又、過去に未公開株を購入した人が再び狙われるケースも増えているようです。

国民生活センターによると、
未公開株のトラブルの相談は、
平成18年に過去最多の4066件が寄せられています。
金融庁や消費生活センターが注意を呼びかけて減少していましたが、
今年は8月末までに1270件の相談がありました。
未公開株のトラブルの再び増加傾向にあります。

「エコロジー」「バイオテクノロジー」「エネルギー」など
はやりのキーワードを銘柄に取り入れた未公開株が多く見られます。

又、過去に被害に遭った人に「株を買い取る」などと
被害回復を装って手数料を支払わせ、被害を拡大させるケースも目立ちます。

トラブルの相談事例の約半数(602件)が70歳以上からのものです。
次いで60歳代(331件)と、高齢者が多いのが特徴になっています。

相談者の約2割(253人)が過去に未公開株を買ったことがありました。
こういった場合には、被害に遭ったことすら認識していない場合があります。
このような方法で、2次被害に遭う高齢者も多くなっています。

過去に未公開株を買った人たちの名簿が出回っている可能性も高く、
国民生活センターは
「勧誘はきっぱりと断ること。
特に、以前に未公開株を買ったことがある人は注意をしてほしい」と
呼びかけています。

大事なお金です。
注意を重ねて、騙されないようにしましょう。




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。