スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株取引・・・8

●株式売買手数料比較は大事です

いざ、株投資を始める前に
証券会社の株取引の手数料を確認してみましょう。

株式の売買において、株式取引手数料が必要となります。
株を買ったり売ったりするためには、証券会社を通さなければいけません。
その際に証券会社に対して支払う手数料が「売買手数料」となります。

1999年10月1日にスタートした株式手数料の完全自由化によって、
これまで一律だった手数料が証券会社でそれぞれ異なるようになりました。

株式取引の手数料は、それぞれの証券会社によって手数料は違ってきます。
その会社の資料等は、請求すれば送られてきます。
送られてきたパンフレット等を比較して、
自分のスタイルに合った証券会社を選択しましょう。
慣れてきて、株取引の回数が増してくると、
その都度の取引の手数料も、看過できなくなりますから
しっかり、手数料を考えて
証券会社の口座を開設しましょう。

コスモ証券の資料請求は無料です。



●株式投資の手数料
証券会社によって違う手数料は
株式投資をする際の取得価格を上げ、売る時の価格を押し下げます。

株式投資の手数料が高いと、その分利益は小さくなってしまうということです。

証券会社の売買手数料は、
注文方法や約定金額(株価×株数)、
取引方法によって
細かく設定されており、その証券会社によってそれぞれ手数料の料率が異なります。

株式投資の株の売買のたびに手数料がかかる方法もあれば、
その日のうちなら何度売買しても手数料が一定の方法(定額手数料)もあります。

定額手数料の場合、
たとえば50万円から100万円の取引なら
定額で900円とか1200円といった設定になっています。

証券会社によって、約定金額「50万円から100万円」を比較してみても
500円台から1000円台まで、手数料の料率は異なります。

その手数料を考えた場合、
毎日頻繁に売買するのか、それとも比較的長期保有をする株式なのかによっても
手数料のかかり方が違ってきます。

株式投資に関わるコストが小さくなれば、
その分を投資に回すことができます。
より有利な運用が可能になります。

株式投資を始めるにあたって
手数料についての検討は、重要なポイントのひとつですす。
後で、後悔しないように充分検討をしたいものです。

コスモ証券の資料請求は無料です。





スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。