スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株取引…6

●株価の動きのチャートの重要性

株価(相場)の動きを図表で表したものを、チャート(ケイ線)といいます。

このチャートは売買のタイミングを判断する目安として、
株取引をする人は、株売買において利用しているひとが多くいます。

たとえばある特定の銘柄について、
どのような値動きを見せたかを、チャートで表現します。

そうすると、過去の株の値動きがすぐにわかります。

もし同じような値動きを見せている銘柄があれば、
株売買をするうえでの参考にします。

こういったチャートから、株の動きを推測できるから、
チャートには重要性があるのです。

そういったチャートで見る株の動きが
一目で理解できるようにいろいろな情報を摂り入れながら学んでいきましょう。




●株チャートからのテクニカル分析
株式取引をしている投資家は、いろいろな情報を集めています。
そしてその情報の中から、株の動きを推測していくのですが、
このようにチャートを利用して、
おもに株価の動きから相場を分析する方法を、テクニカル分析といいます。

テクニカル分析の大きな特徴は、
株価の動きが相場を動かすすべてであると位置づけていることです。

株価の動きには、パターンや習性があり、
過去の株価の動きがよく分かるチャートを利用することで、
いくつかのパターンを発見することができるでしょう。

しかし株価を動かす要因はさまざまなものがあるのも事実です。
2008年米国発のサブプライムローンの破たんという要因が
世界中の経済のサイクルを狂わせせいます。

このように人の思惑から外れた要因が、影響してくるのです。
沢山の不安定な要素も含まれていたりするのです。

ということから、問題は、株チャートをどう活用し、
チャートから何を読みとるのかが大きなポイントです。

株チャートの重要性と読み方についてをもっと詳しく知るなら、
関連する書籍での研究が良いでしょう。

また、インターネットの中では、参考にすべき多くの情報が、提供されています。

株式取引をしながら、
自分なりの株チャートの動き方を学ぶしかありません。











スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。