スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株取引…18


●外国株を考える…タイ 


この経済不況の中で元気のいい国と言われているタイ
世界で食料の不足が深刻な問題になっている中、
タイは穀物輸出国としての力も伸ばしています。

日本でも、もうずいぶん前にに
米不足でタイ米を輸入したことがありました。
タイは今や世界有数の穀物輸出国。
世界的な食料不足の問題がおきています。

外国の株の中でも
ここ数年で、タイ株式を取り次ぐ株式会社は約4倍になりました。

この数字からわかることは、
タイ株がいかに人気が集まっているかがわかります。
タイ株については、
・割安な株価
・高い配当利回り
で、大きな利益を可能にしています。
この背景には、タイの急激な成長があります。

1996年の通貨危機の頃から、ASEANの中心国であるタイが、
急激な成長を見せ始めています。
製造業中心に、貿易で二桁の成長を見せ、
その回復ぶりを世界に見せつけているところです。
日系企業の重要な生産拠点にもなっています。
今や世界有数の穀物輸出国。
世界的な食料不足の問題が深刻になればなるほど
穀物輸出国が注目されるのは言うまでもないでしょう。

ただし、気をつけなければならない点もあります。
タイの市場は、大きな値動きをする市場だから利益を出すことができる。
大きくあがることもあるということは、大きく下がることだってある。
しかも、タイ企業はまだ情報開示が徹底されているとはいえません。
そして、政治的状況も安定していません。

このようなリスクを考えると、足踏みしてしまう人も多いですよね。
そんな時は、プロに任せることができる投資信託がおすすめです。
プロなら、幅広く情報収集を行い、タイミングを読んで売買してくれます。

タイ株が、成長を期待できるものであることは確かです。
株式投資には、リスクも知ったうえでの投資を考えていきたいです。


コスモ証券の資料請求は無料です。













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。