スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株取引

●株式取引をシュミレーションする
2008年秋になって、株価はどん底に一直線。
どこまで、落ちるかみな心配しています。

しかし、落ちたら上がるのが株の世界では常識です。
経済状況が落ち着くまでは乱降下します。

こんな時は、株式市場についての
シュミレーションを繰り返して
どんな経済状況で株価が動くのか、
世界の経済の動きはどうなっているのか、
自分で、株価のシュミレーションをやる。

そのシュミレーション行うことで、
自分なりの株価売買の見方を知ることが出来ます。
決して、マネーゲームではない株式取引を心がけたいものです。

経済の変動が大きい時の動きを知ることで
スピードが利益を生むネット株取引に生かされるようになるでしょう。

一目均衡表DVD やさしいチャート教室




●株式情報を鵜呑みにしないこと。
何でも始めようと思ったら、
まず、準備をすることが必要です。
そのものの基本をまず学ぶ。
そして基本的なことを確認する。

株式取引を行う上でもそれは必要なことです。

そして株式初心者が注意すべきことは、
書籍やインターネットでのノウハウを丸呑みしてしまうと、
大抵ひどい目に遭います。
まずは、情報を鵜呑みにしないことを頭にたたき込んでください。

書籍やインターネットでのノウハウを丸呑みしてしまうと
大抵ひどい目に遭います。
色々なノウハウがいんちきだというのではありません。
これは情報提供者の実績に基づいたものがほとんどなのです。

その人の実績はその人のものなのです。
ですから、あなたの実績はあなたが作るくらいの気持ちで
まずは、株式取引の基本を学びましょう。


●株取引をするのに、ネット銀行口座は必要です。 
 口座開設するには、日数がかかります。
 早めに準備しましょう。


●株初心者は基礎を学び理解すること
株で利益を得るためには
自己資金がいくらあるか、
市場全体の流れはどうなっているか、
などを把握して投資環境を見据えなくてはいけません。

アメリカのサブプライムローン問題からなどの大事件での
株価の乱効果などありますから
その乱効果に巻き込まれないためにも
投資環境を自分で見据えることが出来るようにしなくてはなりません。

株とはなんなのか、
株で儲けるメカニズムはどうなっているのか、
基本をしっかり頭に入れた上で過去の事例などを照らし合わせ、
研究することが大切です。


これが面倒だと感じる人は、そもそも株が向いていないのだと思います。
自動売買といわれるシステムトレーディングでも同様です。
基礎を学ぶことをおろそかにしているようでは、
いつまでたっても株で利益を上げることは難しいようです。

●株式について
株は正式には「株式」といいます。
株式とは企業が発行する株券のことを指します。
以前は企業が発行する株券を“紙切れ”と表現することもありました。
2009年の株式電子化に向けてその表現も使われなくなってきました。

株式発行が企業全体で1,000万個の株式を発行していたとします。
そのうちあなたが100個を買えば、
全体の10万分の1の経営権を手にした状態になります。
例え少しでも、10万分の1の経営権を持っているのですから、
その特典として株主総会で経営について意見したり、
経営者として企業からサービスを受けることができるわけです。

人気企業ならその経営権を欲しがる人が増えます。
多くの人が欲しがれば、当然、その株の値段(株価)は上がります。
これが“株が上がる"ということ。
逆に、倒産寸前の企業の経営権を欲しがる人はあまりいません。
そうなると、株の値段(株価)はどんどん下がるります。

この株価の変動を利用して安い時に買い、高い時に売るのが株式取引の基本。
株が上がった、下がったで売買をくり返し、利益を積み重ねるのです。

一目均衡表DVD やさしいチャート教室



●スタンダードになったネット株

パソコンで株の取引が出来る、ネット株。
株取引を行う上で
リアルタイムの株取引が出来る
ネット株がスタンダードな取引となりつつあります。

ネットという言葉、そしてパソコンを使うということで
色々な知識がないと出来ないと考えてしまうこともあると思いますが、
株取引をする場合は、設定などがちょっと手間がかかるでしょうが
ナットにつながったパソコンと、証券会社へのパソコン操作が完了すれば
すぐに株取引が出来るようになります。

プライムローンに影響されての株式市場は、
株価の動きに目が離せません。

そんな時に、パソコンでリアルタイムの株価の動きを追うことで
リアルタイムの株取引が出来ます。

まず、証券会社を選んで
リアルタイムの株価を見ながら
株取引のシュミレーションを体験してから
実際の取引を、開始してもいいかもしれません。

この株価の変動の多い時期に、
自分なりの取引を見つけてみましょう。

やさしいチャート教室 アイランド・リバーサル



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。