スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資の目的

株式投資は、一攫千金のギャンブルではなく
安全に資産を増やしていくためにります。

ですから、
細かく分析しながら株取引をすることが必要です。
その人にとっての安全に運用する方法が、必ずあります。
好況であれ、不況であれその人なりの運用ができます。

しかし、他人が発信する情報に踊らされてやっていると、
資金を大きく減らしたりする場合もあります。
独自の分析で安全に買い続ければ、着実に資金を増やしていけるのです。

社会的には、
暴落だったり
ブラックマンデーだと、
右往左往していると、情報に流される結果となります。
どんな場面でもあわてる必要は、ないのです。

日ごろから、政治経済の流れを読む癖をつければ、
メンタル面でも、落ち着いて投資ができるようなります。

そんな運用方法の一つに
ペアトレードという手法があります。
ペアトレードとは、
よく似たアップダウンをする2つの銘柄の片方を買って、
もう片方を空売りするやり方です。

空売りとは、証券会社保有の株を借りて売却し、
その株が値下がりしたタイミングで買い戻して利益を得る投資方法です。

例えば、1万円分のA社の株を借り、
これを売却すれば1万円が手に入ります。

そして、A社の株が9000円に値下がりしたタイミングに、買い戻します。

A社の株が買い戻せましたので、
借りていた株を証券会社に返却すれば、
差し引き1000円の利益が出ます。

そのまま利益というわけではありません。
別途、逆日歩という、株を借りる為の利子プラス手数料がかかります。
1000円がそっくり儲かるわけではありません。

空売りで株を貸してくれる証券会社は、手数料を取ります。
証券会社は仕事でその株を持ち続ける必要があるからです。

こういったことで、証券会社は何もしないで利益を得られます。
かつては、株のプロのみの、裏技と知られていました。
今では、普通の投資家もそういった手法を使っています。

ペアトレードは、デイトレーディングのように、
短期間で大きい額は、入ってきません。
しかし、長い目で見ると利益を得ることができます。

こまめに、売り買いをする必要はありますが
安全な投資と言えるでしょう。


瞬速!億千万トレード「マッハ225」“11ヶ月で純利益476万円のシグナルサインツール”無料プレゼント中!



スポンサーサイト

続きを読む

いつでも株価チェック

株価チェックするなら
どこへでも持ち歩けるミニPCが ぜひ欲しいところです。

  イーモバイルなら、今だけ1円パソコン販売しているんです。
  メモリー1GBのミニパソコン               
  業界最高速の下り最大7.2Mbps⇒セットで今だけ【1円】!
  これは期間限定、台数限定です。送料も無料です。


いま、電気店などでも盛んに宣伝されている1円パソコン。


これは、イー・モバイルという携帯電話と
小さなパソコンですけれど、普通のパソコンに負けないミニパソコンセット。

毎日、外回りが多い人などは
小さなパソコンだから邪魔にもならず、持ち運びも便利。
そして、ちょっとの時間で、株価チェックちゃいます。

一人暮らしを始めて、これからプロバイダーをと考えている人。
帰宅したら自分のパソコンに差しかえて、ネットができる。

それが、1円で手に入ってしまいます。
人それぞれの好みもあると思いますが
ちょっと考えてみるのもいいかも知れません。

EeePCとEMOBILEがセットで1円

ただ、携帯と同じように2年間は入り続けないといけませんから注意してください。 















フレッツ光にした場合




はじめよう!フレッツ光
 

フレッツ光とよく聞くけれど
フレッツ光にしたらどうなるのでしょうか?

これから増加するインターネット動画も、軽々見えます。
お子さんが望むゲームのダウンロードも格段と速くなります。


今までインターネットをADSLでやっていた人にとっては、早い。
NTTの固定電話の番号で光電話になります。今までよりちょっと安い料金に。
アンテナを立てなくてもジデジが見えます。

フレッツ光にするには工事費がかかりますが、
今回のキャンペーンでは工事費が無料です。

無料のうちに申しこんだほうがお得です。






















通信環境は光?ADSL?





ネットで稼ぐのに
必要なものは
高速通信環境です。






まだ、電話回線やISDNなど使っていたら
すぐに回線変更をお勧めします。



FC2 Blog Ranking応援よろしく♪ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。