スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資のデメリットを考える


株式投資を始めるのは、投資利益を求めて始めます。

投資の場合、メリットばかりではなく、デメリットもあります。
投資資金が回収できないばかりか、
手持ちのお金まで、損をしてしまう場合も出てきます。

どんな場合でしょう。
株が買ったときよりも、大暴落すると
そのときタイミングでその株を手放したら、
買った金額を大幅に下回り、投資資金の欠損するときです。

わかりやすい株式投資ですが、
いにしえの昭和にはなかった、
デメリットも出てきてます。
それについて考えてみなければなりません。

なぜならば、インターネットが普及して、
株式投資も、ネットで行ってしまうケースが多いからです。

今までのように、証券会社を介して買うのならば、
心配無いのですが…

いまや、個人投資家の半数以上がインターネット、
パソコンはおろか、携帯電話からの参加なのです。

インターネットの、どこからでもいつでも
株式取引がスグにできるのが、くせものなのです。

いつでも株式売買が出来ると言われてますが
サーバーなどの接続の環境が悪いと、ネット売買ができません。
その為に、売り買いのタイミングを逃すのです。

あるいは、押しにくいモバイルのキーを押し間違えて、
10株を100株とかにしてしまう場合もあります。

証券関係者ですら、
数値を入れ間違った取引が話題になっています。

また、大損や大もうけをしたという話も聞きます。
インターネットで、株の売り買いが出来るのは、本当に便利です。
その便利さが、デメリットになる場合もでてきてます。

どんなに買い時や売り時であっても、
腰を据えて失敗しないようにやることが大事です。。

就職のエントリーや買いもの、
オークションなども、似たような失敗を聞きます。

紙に書いたものを見直すように、
入力した数値を、カーソルをクリックする前に確認しましょう。

どんな投資にもリスクはつきまとうものです。
買ったとき一時的大暴落ならまだしも、
その株の企業が、リーマンショックのような
事態、原油高、不祥事によって倒産した場合などは、
株の価値は、ゼロになってしまうのです。

株式投資のデメリットをできる限り減らすために、
政治経済に興味をもって、分析する必要もあるかもしれません。
多くの政治評論家もそれぞれの意見があるように
あなた自身の投資理論を構築して
投資のデメリットを回避しなければなりません。



スポンサーサイト

株取引…27

 ●ロシア株取引初心者が学ぶ流れ 

ロシア株取引初心者が学ぶ流れを実例をあげて説明します。
外国株取引については注意しなくてはいけない事項があります。
ロシアならではのカントリーリスクもあり、
政治情勢や金融市場の問題が株式や為替に大きな影響を与えたり、
政変や国交断絶などで突然取引ができなくなったり
税制が一方的に変更されたり、
新しい税制が適用されるという可能性もありますので注意が必要です。

まずは、ロシア株取引するために、
アルジゲート証券、ニュース証券、ユナイテッドワールド証券など、
ロシア株の取り扱いのある証券会社に資料請求し、口座を開設します。

証券総合取引申込書への記入、捺印と本人確認書類の提出が必要です。
当然のことながら、口座開設には審査があります。
審査に通らなかった場合、口座を開設できないこともあります。

ロシア株投資用の口座を開設できたら、口座に投資資金を入金します。
証券会社がその資金をロシアルーブルに転換してくれた後
ロシア株購入が可能になります。

証券会社の店頭まで出向くとロシア株取引情報について
詳しい説明やアドバイスが受けられると思います。
しかし、営業時間も限られていますので、
オンライントレードの方がロシア株取引には便利かもしれません。

どの株取引でもそうですがロシア株の売買でも
株式取扱手数料、株式保管料、為替手数料がかかります。
又、送金手数料がかかる場合があります。

また、売却益についてはロシアでは一部を除いて非課税ですが、
日本では課税対象になります。

配当金に関しては、現金配当及び株式配当ともに、ロシアで15%課税され、
日本でも「配当課税」及び「みなし配当課税」として課税対象になります。

ロシア株に投資する際には、ルーブルのレート変動にも注意が必要です。
日本とロシアとの時差も考慮に入れるということも大事になってきます。




株取引・・・26


 ●ロシア株ADRの取引


ロシア株の取引が容易になっています。
ロシア株ADRは、ロシア株に対する投資方法の一つといえます。

ADRとは米国預託証書(American Depositary Receipt)
の略になってます。

これは、アメリカ市場で外国の企業や
アメリカ企業の外国法人子会社などが発行する
有価証券に対する所有権を示す米ドル建て預り証書です。

ですから、ADRを取得することで
アメリカ市場で株を所有するのと同じ効力を持つことができます。
アメリカ市場では、ADRは株券同様に売買可能になります。

投資家が米国以外の企業の株に簡単に投資できるように
アメリカのNYSE(ニューヨーク証券取引所)や
Nasdaq(ナスダック)に上場されて、
米ドル建てで取引されています。

ADRを買うことで、原株を買う場合の現地証券会社での
口座開設や為替の問題、決算公告が読めないといった
煩雑さを避けることができます。

また、ADRはNYSEやNasdaqで取引される
アメリカ企業の株式とほとんど同じ
情報開示基準が適用されることで
ADRを発行している企業の方が
情報量が豊富だという傾向があります。

基本的には、ADR価格は原株の株価と連動していますが、
まれにプレミアムがついて割高になってしまうこともあります。

これは、ADRの発行数が限られているときなどに起こりがちです。
日本では、ロシア株ADRは、
楽天証券やイー・トレード証券などで取り扱っています。

最近では、ロシア株をオンライン取引で
直接売買できる証券会社も何社かあります。

あえてロシア株ADRにする必要もないかもしれません。

普段から楽天証券やイー・トレード証券を
使っている場合などは管理するのに便利です。
便利な証券会社を選びましょう。





株取引・・・25

●人気が高いタイ株

まだまだ、リーマンショックがありますが
ここ数年で、
タイ株式を取り次ぐ株式会社は約4倍になりました。

この数字は、タイ株にいかに人気が集まっているかがわかります。

タイ株は、
・割安な株価
・高い配当利回り
で、大きな利益を可能にしています。
この背景には、タイの急激な成長があります。
この急激な成長はどうしてでしょうか。

ASEANの中心国であるタイが、
めざましい急激な成長を見せ始めたのは、
1996年の通貨危機からになります。

製造業中心に、貿易で二桁の成長を見せ、
その回復ぶりを世界も注目しています。
そして、日系企業の生産拠点にもなっています。

更に、タイは穀物輸出国としての力も伸ばしています。
世界の食料の不足が深刻な問題になり、輸出は伸びています。

日本でも、数年前に米不足でタイ米を輸入したことがありました。
今や世界有数の穀物輸出国。

世界的な食料不足の問題が深刻になればなるほど
穀物輸出国が注目されるのは言うまでもないでしょう。
こういった背景を持ってタイ株の人気も高くなっています。

ただし、気をつけなければならない点もあります。

タイのタイ株市場は、
大きな値動きをする市場だから利益を出すことができるということです。

大きく上がることもあるということは、大きく下がることだってある。
しかも、タイ企業はまだ情報開示が徹底されているとはいえません。
このようなリスクを考えると、足踏みしてしまう人も多いです。

そんな時は、プロに任せることができる投資信託をおすすめします。

プロの株取引であれば、
幅広く情報収集を行い、
タイミングを読んで売買してくれます。

タイ株が、成長を期待できるものであることは確かなのです。
だからこそ、リスクも知ったうえでの投資も考えていきたいものです。



株取引・・・24

 ●未公開株トラブルが増加しています

「上場間近と勧誘されて購入したが、いまだに上場しない」など、
未公開株をめぐるトラブルが今年に入って再び増加していることが、
国民生活センターの調べでわかりました。

この未公開株は、高齢者の被害が多く見られます。
又、過去に未公開株を購入した人が再び狙われるケースも増えているようです。

国民生活センターによると、
未公開株のトラブルの相談は、
平成18年に過去最多の4066件が寄せられています。
金融庁や消費生活センターが注意を呼びかけて減少していましたが、
今年は8月末までに1270件の相談がありました。
未公開株のトラブルの再び増加傾向にあります。

「エコロジー」「バイオテクノロジー」「エネルギー」など
はやりのキーワードを銘柄に取り入れた未公開株が多く見られます。

又、過去に被害に遭った人に「株を買い取る」などと
被害回復を装って手数料を支払わせ、被害を拡大させるケースも目立ちます。

トラブルの相談事例の約半数(602件)が70歳以上からのものです。
次いで60歳代(331件)と、高齢者が多いのが特徴になっています。

相談者の約2割(253人)が過去に未公開株を買ったことがありました。
こういった場合には、被害に遭ったことすら認識していない場合があります。
このような方法で、2次被害に遭う高齢者も多くなっています。

過去に未公開株を買った人たちの名簿が出回っている可能性も高く、
国民生活センターは
「勧誘はきっぱりと断ること。
特に、以前に未公開株を買ったことがある人は注意をしてほしい」と
呼びかけています。

大事なお金です。
注意を重ねて、騙されないようにしましょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。