スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資の意義

株式投資はどんな目的で投資していますか。
株式投資で得られる投資収益には、
株を売却した際に得られる売却益があります。
そして、株主に分配される配当があります。

株式投資の売却益は、
企業の業績が良く購入時よりも株価が上昇した場合に
市場で売却して発生する収益のことです。
これがキャピタルゲインです。

株式投資の配当は、
企業の収益を出資金に応じて分配されるものです。
こちらはインカムゲインです。

そして、配当ばかりではなく
株主には株主優待と言うものも有ります。
それは、株主だけの特典として
商品やサービスの無料・割引サービスが受けられるものがあります。

この株主優待は、実質的な投資収益ではありません。
株主となるとこうしたメリットも享受できるわけです。

株式投資をする目的としては、
もちろん投資した企業の株価が上昇していくことを期待します。
それにより安定した配当がでることを願って投資します。

またこうした企業の成長を確信できているからこそ、
株主になったのだとも言えます。

反対に業績の推移などから今後期待できそうでも、
提供している商品やサービスがそれほど好きでない上に、
経営姿勢などをみて何となく共感できない要素があれば、
快く投資してみようという気分にはならないでしょう。

もちろん投資目的ですから、
好き嫌いだけで投資対象の善し悪しを判断することはできません。
どんなに好みの企業であっても
株式の資産価値が目減りしていくような状態であれば、
早く手放して、損が大きく膨らまないように対処しなければなりません。
ですから投資した会社に惚れ込み過ぎるのは危険です。

それでもなぜ株式投資をするのかと言えば、
その会社に興味がある、
また事業内容に共感できる、
だからこそ本気で会社の成長に期待して投資してみようと
決心できるのではないでしょうか。

有名な投資家ウォーレン・バフェットは
「株は売るために買うのではなく、保有し続けるために買う」と。
このの言葉通り、株の長期保有で巨額の資産を築き上げました。

こうした境地に凡人が到達することは難しいとしても、
これぞと見込んだ銘柄を長く保有できてこそ、
本当に意義のある株式投資となるのだと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。